上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 賃借権も相続の対象となります。ただし、相続人が複数であれば、その相続人間の共有となります。

 また、借地借家法36条では、居住用の建物について、内縁の妻や縁組をしていない養子に建物の賃借人の権利義務の承継を認めています。
スポンサーサイト
2008.12.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kitahigashi.blog65.fc2.com/tb.php/14-541265ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。