上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 遺産が不動産であれば、原則として、取引価格になりますので、不動産鑑定士による鑑定が必要です。もちろん、共同相続人間で合意があるなら、固定資産評価額、路線価を基に算定される場合があります。

 株式の場合は、上場株式では客観的な株価が明らかですが、非上場の場合は、公認鑑定士等の鑑定によるのが原則です。
スポンサーサイト
2008.12.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kitahigashi.blog65.fc2.com/tb.php/27-77f768f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。