上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 遺産分割では、調停と審判のいずれでも申立てをすることができますが、まずは調停を申し立てられるのがよいでしょう。

 調停を管轄する家庭裁判所は、相手方の住所地の家庭裁判所か当事者の合意で定める家庭裁判所です。相手方が複数いれば、そのいずれかを選択できます。

 審判を管轄する家庭裁判所は、被相続人の住所地の家庭裁判所又は相続開始地(被相続人の死亡地)の家庭裁判所です。
スポンサーサイト
2008.12.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kitahigashi.blog65.fc2.com/tb.php/33-caf9b9a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。